副業にどれだけの時間が費やせる?

あなたは副業にどれだけの時間を費やす事ができますか?副業にかかる時間
それは人によってそれぞれ違うでしょう。
例えばある男性は本業で1時間の通勤時間をかけて会社へ行き、会社では、サービス残業で1日2時間残業して帰る毎日だとします。
その場合、毎日通勤に往復で2時間、そして、正規の拘束時間が8時間労働+昼休憩の1時間、それに残業2時間となります。
それだけで、2+8+1+2=13時間は本業で使われている時間です。さらにそこからご飯を食べて、お風呂に入るなどの時間と、睡眠時間を7時間確保しようと思ったら、1日は24時間しかありませんから、副業に使える時間はほぼゼロになってしまいます。

ですが、その場合は、平日は、通勤時間の2時間を副業にあて、そして休日に1日5時間を副業に使えば、平日に10時間、休日に10時間の合計20時間を1週間で確保できます。1ヶ月なら80時間です。
80時間あれば、そこそこの作業量ができるでしょう、もし始めたばかりで作業にかかる時間が遅く時給換算すれば、500円程度であったとしても、副業で月4万円の稼ぎとなります。
そして、頑張れば、時給換算は800円~1000円程度にアップさせる事は十分にかのうです。
1000円だと、8万円の稼ぎとなるため、副業としては悪くない稼ぎになると思いませんか?

本業が忙しくて副業なんて無理、そう思っている人もいるかもしれません。
ですが、本業で収入アップが望めずに、さらに本業の収入に満足していないのであれば、やはり副業をするべきだと言えるでしょう。
日本では副業をしていない人も多いですが、世界的に見れは副業をして収入を増やすのは当たり前の行為とみなされています。

PAGE TOP